[巻頭特集][Long interview] レスリング リオデジャネイロ五輪48㎏級金メダリスト 登坂絵莉(東新住建)

東京五輪出場へ向け、登坂絵莉は正念場を迎えている。
2018年12月の全日本選手権(20〜23日)から、代表選考レースが本格化。
リオデジャネイロ五輪女子48㎏級で金メダルを獲得して以降は、
けがに苦しみ、思うような結果を出せないでいた。
周囲の期待と自身の現状との間にあるギャップに苦しんだこともある。
しかし、今の登坂は吹っ切れている。女王は挑戦者になった。調子も上向き。ただ前を向く。