[7・8月号]第1シード 春の県大会準優勝・選抜出場 富山商業 Toyamashogyo

センバツ後の成長に自信
51年ぶりの”春夏”へ

9年ぶりに出場した春のセンバツでは初戦の2回戦で智弁和歌山に2‒4で敗れた。エースの沢田龍太(3年)が好投し終盤までは互角。のちに準優勝する強豪に「善戦した」というのが多くの見方だろう。だが、前﨑秀和監督は「勝つつもりでいたし、勝たなければいけなかった。生徒たちが満足してしまわないように厳しく評価していただいたほうがよい。『次は勝てるようになろう』と彼らに伝えました」と話す。