[5・6月号][巻頭特集] スタジアムを揺らす とやまのNPBプレーヤーたち

東京ヤクルトスワローズ 
内野手 10
荒木貴裕
Takahiro Araki(小矢部市出身)

「どんな役割もできる選手に」

どこでも守れる、どこでも打てる――。
それが“名バイプレイヤー„である荒木貴裕の大事な役割だ。
不動のレギュラーでなくとも、チームに欠かすことのできない選手。

1987年7月26日生まれ。小矢部市出身。津沢小時代に野球を始め、津沢中時代には全国大会へ。帝京第三高から近畿大を経て、2009年ドラフト3位でヤクルトへ。11年、地元富山で開催されたフレッシュオールスターではMVPに。どこでも守れるバイプレイヤーとしてチームに不可欠な存在。身長180㎝、体重84㎏。