[特集] 大関 朝乃山

3大関時代
初Ⅴは俺だ!

大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)は、富山市出身の朝乃山(26)=高砂部屋、貴景勝(24)=千賀ノ浦部屋、9月の秋場所後に昇進した正代(28)=時津風部屋=の3大関による綱とりレースから目が離せない。
2017年初場所の稀勢の里以来、21場所出ていない大関の優勝。1年納めの場所を締めくくるべく、朝乃山は大関初V、自身2度目の賜杯を狙っている。

川渕恭司・文、写真