[特集]2018-19 Bリーグ クライマックス 

富山グラウジーズと、千葉ジェッツと、船橋アリーナと。


男子バスケットボールBリーグ1部(B1)・富山グラウジーズは、2018-19シーズンをチャンピオンシップ(CS)準々決勝敗退という成績で終えた。敗れた相手、千葉ジェッツはbjリーグ時代、富山の「後輩」的な立場だったが、B1では力の差を見せつけられている。CS開催地の船橋アリーナ(千葉県船橋市)における演出など、チームに貢献する雰囲気づくりに圧倒された感さえあった。
さまざまなノウハウを吸収し、常勝チームの仲間入りへ――。富山の新たな戦いが始まる。

横田直・文