[3・4月号][巻頭特集]石橋広暉改め 新十両 Asanoyama Hideki 朝乃山英樹

始まる横綱への物語
他界した恩師の遺言を胸に

3月12日に大阪で初日を迎える大相撲春場所。

県出身者として、1997年夏場所で元関脇琴ケ梅が引退したのを最後に、不在が続いた関取が誕生する。
デビュー6場所目で幕下初優勝を果たし、富山商高時代の猛稽古で基礎を築き上げた右四つ相撲が、プロでも通用すると証明してみせた。
高校時代の恩師は、教え子の優勝を見届けた半日後に息を引き取った。
恩に報いたいという思いが、このしこ名には込められている。
石橋広暉改め朝乃山英樹。
恩師の遺言、「横綱を」目指す朝乃山物語が、これから始まる。

・・・続きは本誌で