2020東京 Leap to Tokyo

最強トナミ勢の挑戦
バドミントン出場権争いスタート


赤壁逸朗・文・写真

バドミントンは東京五輪の出場権が2020年4月30日付け世界ランキングの上位者に与えられる。今年4月29日から1年間に行われる国際大会で好成績を収めポイントを稼がなければならない。S/Jリーグ3連覇を果たしたトナミ運輸の選手たちも長期にわたる過酷な戦いに身を投じて来夏の晴れ舞台を目指す。

世界ランキング3位 
嘉村健士
×
園田啓悟

Profile
園田啓悟(そのだ・けいご)
1990年2月20日、熊本県生まれ。八代東高から、くまもと八代YKK AP。2010年にトナミ運輸へ。抜群の身体能力を誇るハードヒッター。身長169㎝、体重70㎏。

Profile
嘉村健士(かむら・たけし)
1990年2月14日、佐賀県生まれ。八代東高、早大を経て2012年にトナミ運輸入社。熱き心と冷静な頭脳でゲームメークする司令塔。身長169㎝、体重64㎏。