[5・6月号][特集] ロングインタビュー リオデジャネイロ五輪レスリング女子48㎏級金メダリスト 登坂絵莉 Eri Tosaka Wrestling

「絶対復活 五輪連覇したい」
五輪後の手術
期待とのギャップに苦悩

2016年8月17日。リオデジャネイロ五輪レスリング女子48㎏級決勝。
残り15秒の逆転劇。金メダルをつかんだ登坂絵莉のまぶしい笑顔。
最後まであきらめない勝利への執念に日本中が胸を熱くした。
あの日から8カ月――。五輪前から痛めていた左足を手術。
レスリングができず、今はトレーニングに打ち込む。
期待とのギャップに悩むが、「絶対に復活する」と。
登坂の「五輪物語第2章」が幕を開けた。
今川克代・文
鳥飼祥恵・写真