[7・8月号][特集]Bリーグ元年の足跡

底力でB1守った
ドラマチックグラウジーズ

バスケットボール「Bリーグ」元年となった2016~17シーズン、
富山グラウジーズが残したのは15位という成績だけではない。
序盤戦、14連敗を喫し、B2降格の筆頭候補とやゆされたが、
後半戦、強豪チームを倒す姿に、ブースターらは奮起した。
「見たか、これが富山の底力だ」
残留プレーオフを3連勝で突破し、B1の座を守った勢いは
来る新シーズンへと確実につながっていく。