[PR]地域スポーツ応援企業 三井アウトレットパーク 北陸小矢部

地域スポーツ応援企業
三井アウトレットパーク 北陸小矢部

三井アウトレットパーク 北陸小矢部 三井不動産商業マネジメント(株)
チアーズ・スポーツ・プロジェクト始動!

三井不動産商業マネジメント(株)が運営・管理する「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」は2021年7月に、県内スポーツチーム6団体と連携し、スポーツを通じて北陸を盛り上げていく『CHEERS SPORTS PROJECT』(チアーズ・スポーツ・プロジェクト)をスタートさせた。

「スポーツの力」を活かす

県内スポーツチーム6団体は、ハンドボールの「アランマーレ富山」、ホッケーの「小矢部RED OX」、サッカーの「カターレ富山」、バレーボールの「KUROBEアクアフェアリーズ」、バスケットボールの「富山グラウジーズ」、野球の「富山GRNサンダーバーズ」。
三井アウトレットパーク 北陸小矢部(以下、MOP北陸小矢部)は、スポーツには「する」「観る」「支える」などの活動を通じ、地域に暮らす人々や働く人々、憩う人々の心身を健康にするだけでなく、新しいつながりを生み出し、コミュニティを活性化する力があると考える。スポーツを„経年優化〝の魅力的な街をつくるうえでの重要な要素と捉え、「スポーツの力」を活用した魅力的な街づくり、持続可能な社会の実現に向けた事業を推進している。

特設サイト開設

チアーズ・スポーツ・プロジェクトのスタートを記念し、7月16日から特設サイトを公開。スポーツチーム6団体の紹介や選手インタビュー、メッセージ動画、特選情報などをアップしている。
7月16日~8月22日には、各チームのサイン入りグッズプレゼントキャンペーンを展開。7月26日にはインターハイ出場を決めた石動高校ホッケー部の激励会をMOP北陸小矢部の東口屋外芝生エリアで実施した。幼稚園児・小学生を対象にした「エンジョイホッケー体験」もあり、子どもたちの歓声が芝生エリアに響いた。
富山まちづくり会社「TOYAMATO」が結成したプロジェクトチーム「TOYAMA WHITE SHRIMPS」との連携も進めている。「観戦」、「応援」、「実戦」などさまざまな切り口でスポーツ施策を展開していく。

ネーミングライツ取得

三井不動産株式会社は、小矢部市の公設・民営施設「小矢部ホッケー場」のネーミングライツを取得。8月1日より「小矢部ホッケーフィールドby三井アウトレットパーク」の愛称でスタートを切った。
同ホッケー場は国際ホッケー連盟公認で、1994年の設立以降、全国のホッケーファンから愛されている施設。同社では、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる施設として地域の活性化やスポーツ振興に貢献したいと考えている。

地域スポーツ応援 ミニインタビュー

三井不動産商業マネジメント・北陸小矢部オペレーションセンターの所長・熊谷尚人さん、チアーズ・スポーツ・プロジェクトを担当する太田彩花さん、南玲子さんに話をうかがった。

――スポーツチーム6団体との連携の経緯を聞かせてください。

熊谷 小矢部市はホッケーが盛んな街。MOP北陸小矢部では、地域とのつながりやコミュニティを形づくるうえでスポーツが重要な役割を果たせると考えています。今夏のネーミングライツ取得以前から、2019年3月の「MOP北陸小矢部杯ホッケー大会」や21年3月の「ホッケースペシャルマッチ」を開催するなど、ホッケーを通じたスポーツ振興と地域貢献に取り組んできました。スポーツ団体との連携は急な話ではなく、元々の素地はあったわけです。
太田 初年度のホッケー大会では小矢部市内各所にポスター掲示をお願いしたところ、自分の店舗にもポスターを貼りたい、応援したいという声が多く、想像以上の反響がありました。改めて市民のホッケーへの情熱を感じましたね。MOP北陸小矢部はスポーツ関連ショップが充実していて、スポーツとの親和性やお客様の利便性も高いので、このプロジェクトの果たせる役割は大きいと思っています。
 プロジェクトのコアは、今夏に立ち上げたサイトです。月2回更新しています。新型コロナウイルスの影響でリアルなイベントがなかなか開催できないなか、こちらから情報を発信し、多くの方々に見ていただけるデジタルならではの特性を活かしたいですね。スタート時に、選手のサイン入りアイテムやグッズのプレゼントキャンペーンを行いました。合計30名様へのプレゼントでしたが、400名以上の応募があり、サイトの認知度もアップして手応えを感じました。

――人気のコンテンツを紹介ください。

 各チームの選手によるチャレンジ動画は、プロのアドバイスを受けながら自宅で気軽に体を動かせると人気です。富山のスポーツ情報が一挙に見られる、スポーツチーム6団体の話題がまとめて楽しめるサイトは他にありません。「野球が好きだがサイトを通じて他のチームの応援もしたくなった」という方が増えるよう、デジタルとリアルの両方でファンになった方々と一緒に盛り上げていきたいと思います。

――今後の展望をお聞かせください。

 サイトをより充実させていきたいですね。選手の皆さんをMOP北陸小矢部に招いたイベントは今後も開催していきたいと思います。スポーツだけでなく普段の生活にも話題をひろげて、選手自身の魅力も伝えられたらいいですね。プロスポーツだけでなく、地元のスポーツや10代のアスリートを応援する企画も検討しています。
太田 直近では、10月16日に試合が行われたホッケー「小矢部RED OX VS 法政大学」のパブリックビューイング(東口屋内イベントスペース)、17日の「富山GRNサンダーバーズ選手トークショー&ストラックアウト体験」(東口屋外芝生エリア)などのイベントを開催しました。今後も新型コロナウイルス感染防止対策にしっかり取り組みながらリアルなイベントを充実させていきたいですね。サンダーバーズの多賀亘選手、石田宝輝選手のスペシャルトークやストラックアウトはとても盛り上がりました。
熊谷 MOP北陸小矢部がハブとなり、各スポーツチームと、応援したいと考えている企業との連携が進められたらと考えています。それが地域振興、地域愛につながることを願っています。プロスポーツのファン、地域スポーツ全体のファンづくりを応援していきたいですね。

所長 熊谷 尚人さん(くまがい・なおと)

小学校ではサッカー(MF)を、中学では野球(ショート)を経験。北海道出身なのでスキーもお手の物。週イチはジムで汗を流す。

南 玲子さん(みなみ・れいこ)

中学ではバレーボール部でセッター。大学でもスポーツサークルに所属。アクアフェアリーズ戦(黒部市)でプロの試合を初観戦。

太田 彩花さん(おおた・あやか)

高校でラグビー部のマネージャーを務める。オリンピックで男子バレーボールにはまり、ネーションズリーグもチェックするように。

[Corporate Data]

三井アウトレットパーク 北陸小矢部
(三井不動産商業マネジメント株式会社)
小矢部市西中野972-1
電話 0766-78-3100(代) FAX 0766-78-3009
https://mitsui-shopping-park.com/mop/oyabe/

チアーズ・スポーツ・プロジェクトサイト